結婚相手の経済力は?

私は若い頃に結婚を真剣に考えるような相手と出会わなかったため、一生独身のつもりでしたが、30代半ばで転職した職場で運命の人と出会って電撃結婚しました。縁とは不思議なもので、人生わからないものですね。

独身の頃、結婚相手の条件として重視していたものの一つが経済力です。自分の同程度の経済力のある相手が良いと思っていました。この頃はFIREのことも知らなし、ファッキューマネーを作ることもまだ考えていませんでしたが、何十年も経済的に自分に依存する人が出来ることで仕事を辞めたりする自由が無くなる事を大きな負担に感じていました。いつでも転職出来るような人材になることを目指していましたが、50代、60代になったときにそのような人材でいられるような想像が出来なかったのです。

外資系証券で出会った妻は私より高収入で、貯金も私より多かったです。当時金融の知識は無かったので全部定期預金にしていましたが。結婚後は基本的に一人分の給料は全て貯蓄に回し、一人分の給料で生活していました。ボーナスは全部貯蓄です。私がFIREを現実のものとして考えられるのは、高収入の妻と共働きをしてきた事が一番大きな要素です。妻が結婚してすぐに専業主婦になっていたら、ろくに貯蓄すら出来なかったと思います。女性が結婚相手に経済力を求めるのは一般的だと思いますが、FIREを目指すなら男性も女性に経済力を求めるのが重要だと思います。付き合う段階から考えた方が良いでしょう。

私の場合は遅ればせながらも偶然上手く事が運びましたが、こればかりは縁なので自分でコントロール出来るものでは無いかもしれませんね。

尚、妻は今家族の事情で仕事を辞めて専業主婦を始めましたが、結婚して10年間しっかり稼いでくれたのでとても感謝しています。お金の事だけ考えたら、後5年くらい稼ぎ続けてもらえたら生活レベルを落とさずにFIRE出来たと思いますが、人生他に優先順位の高いこともありますからね。